2015/02/24 [コラム] ストックホルム ファニチャーフェア 2015を視察

私が毎年、真冬のこの時期に北欧を訪れる目的の一つが、北欧最大級の国際家具見本市「ストックホルム ファニチャーフェア」の視察です。どんな新しいトレンド、製品、人と会えるのかワクワクしながら、今年ももちろん、厳寒のストックホルムへ行ってきました。広いフロアに約700のブース(約30カ国から、うち80%が北欧)が配置された見本市会場は例年通り、バイヤーや建築・デザイン関係者、メディアの人々などで大賑わい! 2月3日〜7日の会期中、世界60カ国から約4万人がフェアを訪れたそうです。

ゲスト・オブ・オーナーとして今年のメインエントランスのラウンジデザインを手掛けたのは、イギリスの人気インテリアデザイナー、イルゼ・クロフォード(Ilse Crawford)。“Question time”と名付けられた作品の壁には“What is new?”などいくつかの問いが掲げられ、来場者は備え付けのペンと紙で自由に意見を書き込み、コルクの壁に貼ることができました。

“What does sustainable design mean to you?(あなたにとって、持続可能なデザインとは)”、これはクロフォードが私たちに投げかけた問いの一つです。ある来場者はこう答えていました。“A production line which does not hurt anyone.(誰をも傷つけない生産)”。今年のフェアでは、多くの出展者が「環境への配慮」についての意識をこれまでより強く打ち出しているように感じました。この家具は、どこで、どんな材料を使って、どのように作られているのかを消費者に分かりやすく表示する……。まるで食品の安全性の話のようですね。今後、この傾向はますます強くなっていくであろうことを肌で感じました。明るい色の木材だけでなく、ブナのベニヤや植物のなめし皮など、環境に優しいユニークな材料を使った製品を展示するブースも多く見られました。

オフィスファニチャーの各社の展示では、環境への配慮に加え、引き続き、オフィスの縮小化への対応がテーマの一つのようでした。サイズは小さくても、使う人がより快適に感じられる機能美あふれるオフィス家具を……。あるブースの担当者は、「皮ばりのアームチェアの快適さを損なうことなく、どのくらい細くできるかに挑戦したんだ」と、32センチの幅しかないけれど、高い背もたれとソフトなパッドの座面、背もたれの下部に腰を支えるプロテクションのある、デザイン性の高いアームチェアを紹介してくれました。

ヨハンソン デザインをはじめ、私たちスカンジナビアン モダンが日本に紹介している北欧家具ブランドのブースに足を運び、担当者と最近の流行などについて話をし、さらに、新しいブランドや製品を求めて、広い会場をとにかく歩き回った、今回のファニチャーフェア。そこで経験したたくさんのステキな出会いを新しい商品やアイデアにかえて、日本の皆さんに今後も紹介していきます。

【ストックホルム ファニチャーフェア 2015】
会期:2015年2月3日〜7日
場所:スウェーデン・ストックホルムの見本市会場
来場者数 :39,987人
うち海外からの来場者:6,635人(約60カ国)
出展社数:711社
うち海外からの出展社:314社(80%が北欧)
展示スペース:70,000㎡

2015/01/19 「日経ヘルス」No.205 4月号 スカンディ バランスシートが「コリをほぐして姿勢を整える 美姿勢グッズ23」に掲載

『凝り固まった首や背中、腰の筋肉をほぐしたい』『長時間座るときも、正しい姿勢を保ちたい』と思うあなたをサポートしてくれる便利グッズがあります専門家おすすめグッズもご紹介します!
スカンジナビアンモダンにて販売中!

h_nh1205

2014/11/14 [コラム] Sit & Stand®デスク、ついにアメリカに上陸

先日Japan Timesを読んでいて、ある記事の写真に目がとまりました。
それは、なかなか目にすることのできない、シリコンバレーのFacebook社の職場風景を切り取ったもの。
その写真をよく見ると、数人のスタッフが立って仕事をしていることがわかります
(ちなみに、記事は多くの人にとってFacebookが新聞に代わる情報源になりつつあるという内容)。

そう、Sit & Stand®デスク(上下昇降デスク・電動昇降デスク)はついにアメリカに上陸、そして普及し始めたのです!
Facebook社では約1年前に、Sit & Stand®デスクを導入したそうです。素晴らしい才能たちが、
生き抜くために熾烈な競争を日々繰り広げているシリコンバレーの各企業。
長時間の集中力を求められるそれぞれのオフィスで、一人ひとりの生産性を最大限に高めるために選ばれているのが、Sit & Stand®デスクです。

スウェーデンで約30年前に開発されたSit & Stand®デスクは、やがて他の北欧諸国や北ヨーロッパへ。
そしてここ数年で、長い間未開発だったアメリカの企業にも導入され始めました。
ついに、ようやく!

c_1112-1024x780

2014/09/12  [コラム] Sit & Stand® デスク(上下昇降デスク/電動昇降デスク)ムーブメント、到来!

Sit&Stnad®(電動上下昇降デスク・上下昇降デスク)

嬉しいことに、今、ようやくここ日本でも、Sit & Stand®デスク(上下昇降デスク/上下昇降デスク)への関心が急速に高まってきました!

近年、さまざまなメディアで取り上げられるようになったSit & Standデスク。facebookでも紹介しましたが、9月8日に発売された雑誌『プレジデント』(9.29号)でも弊社のスタンディングデスク、Sit & Stand®デスクが、エリクソン・ジャパンの先進オフィス記事の中で取り上げられました。

同社が2011年の新オフィス移転の際に導入を決めたのが、立っても座っても仕事ができる電動昇降デスク、Sit & Stand®デスク(Edsbyn社製/スウェーデン)。エリクソンのストックホルム本社(全従業員8000席に導入)の広報部は、すでに海外のエリクソンのオフィスすべてに、このスタンティングデスクを導入していると話しています。

スウェーデンでSit & Stand®デスクに一目惚れし、日本に紹介し続けて12年。Sit & Stnad® (商標登録取得2006年)北欧で生まれ、アメリカで先に火がつき、日本にもようやく到来したこのムーブメントを追い風に、日本の皆さんにもっともっと、このデスクの価値を広めていきたいと思っています。

スタンディングデスクには今、企業や学校、ホームオフィス、それに個人のお客さま(書斎やお子さまの勉強机に)などから毎日、たくさんの問い合わせをいただいています。デスクを上げ下げしてみたい? 立って仕事ってどんな感じか興味がある? ならば、ぜひ弊社のショールームにお立ち寄りください!

2014/09/10 「PRESIDENT」2014.9.29号P.122にSit&Standデスクについて掲載

居心地よい環境が、他人を助けるゆとりに・・・エリクソン・ジャパンでは弊社で取り扱っているスウェーデンのEDSBYN社のSit&Standデスク(電動上下昇降式デスク)を全社で導入されています。立って仕事もOK!北欧式オフィス空間の記事です。
スカンジナビアンモダンにて販売中!

2014/05/16 NHKニュース「おはよう日本」まちかど情報室(NHK総合)放送

弊社のSit&Standデスク(スタンディングデスク)がNHKニュース「おはよう日本」の「まちかど情報室」というコーナーで紹介されます。5月21日(水)の放送予定では「立っても仕事(仮)」というテーマでお伝えする予定です。

【放送予定日】   
NHKニュース「おはよう日本」まちかど情報室(NHK総合)
平成26年5月21日(水)午前6:45前後の放送内5月22日(木)午前5:45前後の放送内(予定)*再放送

スカンジナビアンモダンにて12年前から販売中!

10330398_524718664298976_7464433022829049268_n-150x150